信用金庫のカードローン

信用金庫のカードローンの審査基準

信用金庫

お金を借りる場合に利用できるのは、消費者金融と銀行のカードローンだけではありません。信用金庫でもお金を借りることができます。信用金庫と言っても、自分が実際に利用した経験がなければ分からないかもしれませんが、カードローンをほとんどの信用金庫で取り扱っています。実は、信用金庫のカードローンは、金利が低く条件がいいため人気になっています。

 

基本的に銀行と信用金庫は、どのような違いがあるのでしょうか?信用金庫の場合は、主としてお金の融資や預金の受け入れを行っており、全国に店舗はあります。信用金庫は、運営が法律に基づいて行われている金融機関の非営利のもので、地域の密接しているタイプです。営業する地域は限られており、利用できるのは営業地域の中に住んでいる、あるいは仕事をしている法人や個人が利用できる対象になります。主な信用金庫の目的としては、個人や中小の会社の支援を行っており、地域を活性化することです。

 

一方、銀行の場合は、株式会社であるため、基本的に優先するのは株主の利益になります。銀行の大手などの場合は全国に店舗を持っており、営業地域が限られるというようなことはありません。また、最近利用する人が多くなっているネット銀行の場合は、店舗を有していない金融機関です。

 

では、信用金庫のカードローンはどのような審査基準になっているのでしょうか?信用金庫のカードローンを利用する場合には、審査を必ず受けるようになります。この審査は、消費者金融でも銀行でも信用金庫でも、違いはそれほどありません。当然、銀行の場合は厳しい審査があり、消費者金融の場合は緩い審査であると言われていますが、信用金庫の場合は銀行の審査にどちらかと言えば近いでしょう。低い金利でいい条件であるため、若干審査は厳しいと考えておきましょう。

 

信用金庫のカードローンの審査の場合には、年収、勤続年数、勤務先、今までの借入歴について審査をします。カードローンの借入限度額は、年収によってほとんど決まるため年収は大切です。消費者金融の場合には総量規制が適用されるため、年収の3分の1を超えて借入することができなくなりました。しかしながら、信用金庫や銀行の場合は、総量規制の適用を受けません。総量規制の適用を受けないということでも、借入が無制限にできるということではありません。限度額については、ある程度年収によって決まってきます。非常に勤務先は重要です。信用金庫のカードローンの場合は、営業している地域の中に住んでいたり、あるいは仕事をしていたりする必要があるため、住んでいる地域などについても確認されます。

在籍確認について

信用金庫

信用金庫のカードローンの場合も、在籍確認がほとんどの場合は行われます。在籍確認というのは、申し込みした人が本当に勤務先に在籍しているかをチェックするものです。この在籍確認は、収入が安定したものであるかを確認するためにも必要な一つの審査です。収入証明書を、信用金庫のカードローンの場合は要求されることもあると覚えておきましょう。

 

勤続年数としては、銀行のカードローンと同じように1年以上の方がいいでしょう。消費者金融ほど、勤続年数についても緩くはないでしょう。

 

今までの借入歴については、返済が今までに遅れたことはないか、債務整理や自己破産がないか調査するものです。信用情報と申込書に記載した内容を照合して、入念に確認します。金銭トラブルが今までにあった場合には、同じことを再度繰り返す恐れがあります。信用情報でトラブルがあった場合には、信用金庫のカードローンの審査に受かるのは厳しいでしょう。

 

収入が安定しており、営業している地域の中に住んでいたり、仕事をしたりしていれば、信用金庫のカードローンを利用できる可能性があるためぜひ考えてみましょう。